デジタルトランスフォーメーション時代に求められるストレージサービスとは

近年、データの保存と活用は、企業活動にとって重要な要素となっており、ストレージサービスは知らず知らずのうちに活用されています。

本ブログでは企業活動においてのストレージサービスの利用について、企業が選ぶのはどのようなストレージサービスなのか、また、ストレージサービスにはどのような役割があるのか、などを説明します。

ストレージサービスとは

ストレージサービスとは、大規模な記憶装置(ストレージ)を提供するサービスです。個人利用においては例えばスマートフォンの利用等で知らず知らずのうちにストレージサービスを利用しています。また、企業では業務データの保管や各種業務アプリケーションの利用基盤として活用されています。

ストレージサービスはクラウドサービスだけではない

ストレージサービスといえば、オンラインストレージと呼ばれるクラウドサービスのイメージが強いと思いますが、それだけではありません。企業向けのストレージサービスには、オンプレミスや専用線を利用した形で提供されているものも多くあります。

オンプレミスのストレージサービスでは、NAS(Network Attached Storage)と呼ばれる、ストレージをネットワーク上に接続する方式がよく使われています。NASは、LAN接続によりネットワーク上に配置されたストレージ(ディスク)で、主にファイルサーバーとして使用されるものです。LAN接続なので安定していますが、速度には上限があります。

そのほか、サーバーに直接ストレージを接続するDAS(Direct Attached Storage)、ストレージとコンピューターとの間を高速ネットワークで接続するSAN(Storage Area Network)などの方式があります。

オンプレミスや専用線でストレージサービスを利用するメリット

企業がオンプレミスや専用線を使ったストレージサービスを利用すると、次のようなメリットがあります。

  • 高い安全性
    インターネットを経由するクラウドサービスよりも高いセキュリティを確保できます。
  • 高い可用性
    多くのベンダーでは、RAID構成による冗長化を行うことで、障害発生時にもダウンタイムを最小限に抑え、高い可用性を確保することが可能です。ベンダーによっては24時間365日の保守管理サービスが提供されている場合もあります。
  • 安価
    オンプレミスや専用線のサービスは、一般的にクラウドサービスよりも大きな容量のストレージが安価に提供されています。1TB程度の少容量からペタバイトクラスの大容量まで、必要な量を柔軟に調達可能です。メンテナンスはベンダーが行うため、運用コストを抑えられます。
  • リプレースが不要
    ハードウェアの更新やメンテナンスはベンダーが行うので、ユーザーは手間がかかりません。

ストレージサービスの用途

企業では、主に以下の2つの用途に、ストレージサービスが使用されています。

ファイルサーバー

オンプレミスサーバーやベンダーのデータセンターと専用線で接続し、ファイルを保存したり、すぐに取り出せたりするように管理します。必要なデータをすべて格納しておき、何代かのバックアップを確保できるだけの容量が必要です。バックアップは何代か前まで保存しておく必要がありますが、古い順に削除されます。アクセス権限の管理や二段階認証など、高いセキュリティも求められます。大容量のファイルサーバーを用意し、複数の拠点にあるファイルサーバーを統合して一括運用することも可能です。

アーカイブサーバー

利用頻度は低くても削除はできない長期保存が必要なデータを、メインのファイルサーバーから退避するためのサーバーです。最近は図面や動画などの大容量データを扱う機会が増えているため、メインのファイルサーバーよりも大容量で低コストであることが求められます。アーカイブはバックアップではないため、時間が経過してもデータが削除されることはありません。古いデータも参照できるように保存する必要がある場合に活用します。

デジタルトランスフォーメーション時代のストレージサービスの役割

デジタルトランスフォーメーション(DX)時代においては、企業が扱うデータが飛躍的に増大することで、ストレージサービスの役割も大きくなっています。

データの大容量化によるストレージサービスの必要性

現在は、業務の多くがシステム化・アプリケーションを用いて遂行され、顧客情報も電子化が進んでいます。IoTやAI活用も推進され、ますますビッグデータが企業に集まることが予想されます。また、集められたデータを分析し、さらに企業活動への活用を進めている、あるいは考えている企業も多いことと思います。このようにビッグデータがますます肥大化する中では、従来のファイルサーバーでは追いつきません。そのため、大容量のデータを保存、管理できるストレージサービスの役割が重要になってきています。

ストレージサービスが重要な理由

企業にとって、ストレージサービスはとても重要な存在です。その理由は次のとおりです。

  • 大容量のデータを保存し、守ることが可能
    企業活動において、データの損失は大きなダメージになります。ストレージサービスなら、業務で生じる大量のデータをすべて格納、管理し、バックアップを取れます。それによってデータの消失を防ぎ、可用性を確保することが可能です。
  • 効率的なファイル管理が可能
    データの増加とともにシステムが複雑化し、ファイルサーバーへの接続方法や使用されるストレージの種類も多様化していきます。その結果、従来のような手動のファイル管理は難しくなり、ファイル管理の効率化が求められています。ストレージサービスでは、データを保管するストレージだけでなく、スムーズなデータ運用管理システムも提供されています。
  • 企業活動のデータを長期保存することが必要
    大容量のストレージがあれば、「利用頻度の低いデータ」や「すでに処理済みのデータ」をアーカイブとして残しておくことが可能です。過去の取引履歴などのデータは、何らかのトラブルが生じたときに必要です。過去のデータは、企業がコンプライアンスを遵守していたことを証明し、企業としての信頼性を確保するための貴重な資源です。企業活動のデータのすべてを残しておくことは、リスクマネジメントとしても重要なのです。

ストレージサービスに求められる機能

ストレージサービスには、次のような機能が求められます。

  • 大容量データの保存
    ストレージサービスにおいて最も重要な機能は、大容量のデータを確実に保存することです。最近はデータの取捨選択を行わずに、すべてのデータを蓄積し、将来に備えるのが主流です。そのためには、大量のデータを保存できなくてはなりません。
  • データを活用しやすいファイル管理
    データは効率的に管理され、必要なときにはすぐに使えなくてはなりません。ファイルの管理を適切に行うことで、アクセス速度を確保することも可能です。バックアップやトラブル時のデータ退避なども自動的に行われます。
  • 自動的にバックアップし、瞬時にリカバリする
    データの消失や破損は避けなければなりません。そのため、ストレージサービスの多くはRAIDによる自動バックアップ機能など、データの消失を防ぎ、原状回復するための機能が用意されていいます。
  • 高い可用性、高い信頼性
    ストレージサービスは、いつでもトラブルがなく利用できることが求められます。ダウンタイムを最小限にすることが必須となります。そのためにはハードウェアのエラー検知、自家発電設備や耐震設備の用意など、さまざまな事故や災害への対策を行っておく必要があります。
  • 既存のファイルサーバーからのデータ移行
    すでにクラウドサービスやオンプレミスでファイルサーバーを運用している企業も多いでしょう。これらのデータを大容量ストレージサービスに移行するには、手軽にデータを移行できるツールやシステムが必要です。
  • 高いセキュリティ、コンプライアンス対応
    機密情報や会計帳簿、顧客の個人情報など、取り扱いの難しいデータを保存する企業向けのストレージは、コンプライアンスを遵守するための高いセキュリティが求められます。
  • 運用構築の負担軽減
    ストレージシステムを構築する際は、ハードウェアの選定やOSのセットアップ、ネットワーク設定などが必要になります。ベンダーは、これらのセットアップを行い、ネットワークに接続するだけの状態で提供してくれます。ハードウェア更新やソフトウェアのアップデートなどのメンテナンスも提供が可能です。そのため、ユーザー企業がシステム構築や運用を負担する必要はありません。

企業向けの大容量ストレージサービスに、INFINIDATという選択肢

業務で利用する大容量のストレージサービスには、INFINIDAT社の製品・サービスを推奨します。マルチペタバイト規模の大容量ストレージ「InfiniBox」に、クラウドサービスとあわせた「NeutrixCloud」等、を低コストで提供しています。パフォーマンスや信頼性も高く、拡張性にも優れているため、業種や企業規模を問わず、汎用的に活用できるストレージサービスの提供を実現します。

まとめ:データを業務に活用するならストレージサービスが必須になる

IoTをはじめとして、大容量のデータを保管してビジネスに活用する機会が増えています。データはビジネスの種として蓄積され、削除せず保存し続けるものになりつつあります。よって、今後は多くの企業で大容量のストレージサービスが必要になります。今こそ検討するのをお勧めいたします。