データドリブンがもたらす変革、そのなかで企業が生き残っていくためには?

多くの業種で市場の成熟が進み、商品やサービスのコモディティ化が加速している現在の日本。そのなかで競合会社との差別化を図ることは非常に難しくなっています。これを実現するポイントのひとつが「企業と顧客の関係性強化」であり、なかでも近年、重要視されているのが「データドリブン」です。しかし、これもすでに多くの企業が取り組み始めており、指をくわえて見ているだけでは企業として生き残っていくことができません。そこで今回は、データドリブンがもたらす変革のなかで生き残っていくための方法について考察していきます。

データドリブンの概要と重要性

インターネットの普及、技術の進化により、私たちは以前に比べて大量のデータを入手することが可能になりました。例えば、以前であれば知ることが難しかった商品、そこに行かなければ食べることができなかったご当地グルメなども、クリックひとつで情報を入手でき、そのまま購入することも容易です。これを企業の立場から見ると、今までは出会える可能性が低かった顧客のさまざまなデータを入手できることになります。

現在、企業はインターネットを活用することで、顧客の消費行動に関するさまざまな情報を入手できます。そして、収集したデータをもとに顧客が求める商品、サービスを開発、提供していくことが、企業として生き残っていくための戦略のひとつになっています。昨今、注目を集めている「データドリブン」とは、さまざまな方法で収集・分析したデータをもとに、顧客に対してアクションをかけることを指しています。

データドリブンが注目を集めている理由として、以前に比べて「顧客の消費行動」をコントロールするのが難しくなっていることが挙げられます。情報を入手する手段がテレビや新聞、雑誌などのマスメディアしかなかった時代は、企業側が伝えたいタイミング、場所で情報を発信でき、顧客はそれを受動的に受け取っていました。しかし、現在では、インターネットを使い、自分(顧客)のタイミングで能動的に情報を探しています。

また、広告以外の情報拡散方法として口コミが挙げられますが、これもインターネットの登場により、以前に比べて圧倒的な速さで情報が拡散されるようになっています。結果として、企業は顧客の消費行動や興味を理解し、狙い通りの消費行動を取るように誘導する情報発信が必要になってきたと言えます。

多くの業種で商品・サービスのコモディティ化が進んでいることも、データドリブンが注目を集めている理由のひとつです。以前であれば、競合会社より「品質がよい」「価格が安い」といったことで差別化を図ることが可能でした。しかし、現在では、どの商品・サービスでもコモディティ化が進み、質や安さで差別化を図ることが難しくなってきています。そのため、企業は「顧客との関係性」を強化することで、競合会社との差別化を図ろうとしています。

このように、インターネットの普及、商品・サービスのコモディティ化が進むなかで企業が生き残っていくためには、「顧客が求めるタイミング」に「顧客の求める場所」で「顧客が求める情報」を提供しなければなりません。そのためには、顧客を一つの群として見るのではなく、個として、一人ひとりと向き合う必要があります。そして、それを実現するには、より多くの情報を入手、分析しなくてはならないことから、データドリブンの重要性が高まっているのです。

データドリブンによって生まれた社会とは?

企業が生き残っていく手段のひとつとして、データドリブンの重要性が高まっています。そして、データドリブンの重要性が高まれば高まるほど、世の中はデータを中心に動いていくようになります。これがデータ駆動型社会です。データ駆動型社会とは、収集されたさまざまなデータを分析することにより、経済が動いていく社会のことを指します。

代表的な例としては、スマートホームが挙げられます。家庭内にある情報家電をネットワークでつなぎ、一括管理することで快適な生活を実現する住まいのことです。現在は、あくまでも建物が主であり、情報家電は生活を豊かにするためのツールにすぎません。しかし、これを突き詰めていくと、「情報家電が最適な状態で稼働するにはどういった建物が必要か?」といった考え方に変わっていく可能性があります。つまり、情報家電が主で、建物が従となり、主従関係が逆になるということです。このように、「いかにデータと親和性を保てるか」を中心に動いていくこと、これこそがデータ駆動型社会です。

データ駆動型社会のなかで生き残っていくための施策とは?

現在、世界の時価総額ランキングで常に上位になっているのは、Google、Apple、Facebook、AmazonのいわゆるGAFAと呼ばれる企業です。これらの企業はすべて、さまざまなデータを大量に扱っています。この結果を見るだけでも、「企業にとってデータがいかに重要なものであるか」「データをうまく扱っている企業が世界の中心になって経済を動かしているか」がわかります。そういった意味では、データ駆動型社会はすでに始まっているといっても過言ではないでしょう。では、このデータ駆動型社会のなかで、企業として生き残っていくためには、どうする必要があるのでしょうか?

世の中がデータ駆動型社会として進んでいくのであれば、「いかにしてデータを収集し、分析していくか?」、言い換えると「どのようにデータドリブンを行っていくか?」が重要となります。もちろん、ただデータを集めて分析するだけでは十分ではありません。なぜなら、データが最も重要な社会では、収集したデータが狙われるケースも増加するからです。つまり、「いかにしてデータを収集し、分析していくか?」と同時に、「どうやって安全かつ確実にデータを保存するか」も考えなければなりません。そして、それを実現するには、自社にとって最適なストレージを選択することが不可欠となります。

そこでお勧めしたいのがINFINIDATです。これから本格的に始まっていくデータ駆動型社会で求められるのは、

  • 容量(42Uの1ラックで最大4.1PBを提供)
  • 可用性(セブンナイン99.99999%を実現)
  • 処理速度(1M+IOPs、12GB/sスループット、130µs以下のレスポンス)
  • 運用コスト(TB単価の削減、低消費電力、CoD)

など、あらゆる条件下において、十分なパフォーマンスを発揮するための性能を持ったストレージです。これにより、重要なデータを安全に守りつつ、最大限の活用を可能にします。

まとめ:データドリブンで競合会社との差別化を図るには、最適なストレージの選択が必要

顧客との関係性を強化し、顧客が求めるタイミングで、顧客が求める情報を提供していくには、データドリブンが欠かせません。なぜなら、データを適切に取得し、分析・解析しなければ、「最適なタイミング」かつ「最適な内容」の情報を提供できないからです。

データドリブンは情報の取得方法や分析方法ばかりに注意がいきがちですが、それと同様に重視すべきポイントが「最適なストレージの選択」です。セキュリティはもちろん、容量、可用性、処理速度、運用コストなど、あらゆる面で自社が求める条件を充たしていなければ、効果的なデータドリブンも不可能です。

以前に比べて、あらゆるデータが容易に取得できるようになった現在において、重要なことは、その効果的な運用です。そのためには、運用を効率よく進めるストレージの存在が必須であり、そうした意味でINFINIDATは企業のデータドリブンに大きく貢献します。